Top > 風水を扱う際のインテリアの色と素材

風水を扱う際のインテリアの色と素材

風水を扱う場合にインテリアの色と素材に決まりはあるのでしょうか。
古い中国の歴史から風水には五行の要素があるといわれます。
五行は木火土金水の五つからなります。
風水にはこの五行が深く関係していて、方角によって相性の良い色やインテリアの素材を組み合わせれば運気が上がるという考え方です。
例えば西と北西は白やシルバー系色で金属製の物を置き、北は黒やグレーで水のオブジェや形が流線型のものが良いようです。
また東と東南は「木」なので、緑色や青色や水色を置き、竹や観葉植物等の緑に関するものを配置すると良いということです。
素材は直線的でまっすぐとした形の物が良いようです。
南は火の五行で赤色や三角形や太陽などをモチーフにした物を置き、北東・南西は黄色系でどっしりした物を置きましょう。
ただし風水で運気がアップするからといって素材や配色がアンバランスになるのはよくないのでバランスのとれたインテリアを考える必要があります。
風水ではそうしたインテリアの色や素材を使う事で運気のアップをはかれますが「水は火を消す」の様に南に青系を置くと運を消してしまう場合があるようです。
また風水師によって配置する素材や家具が異なる場合がありますし、1年1年でラッキーカラーも異なりますのでチェックしてみましょう。
風水に習い運気を上げるのと同時に楽しく過ごせそうなインテリアの色と素材を選びましょう。
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
風水でキッチンのインテリア(2009年5月14日)
風水 リビングのインテリア(2009年5月14日)
玄関のインテリア風水(2009年5月14日)
風水を扱う際のインテリアの色と素材(2009年5月14日)
お風呂のインテリア風水(2009年5月14日)